夜桜冬花のひとりごと

日常で思ったことを綴ります

好きなものを好きだということ

こんにちは、夜桜冬花です。

しばらくサボっていました。お久しぶりです。

 

実は先日、あるアイドルのライブに行ってきました。人生初ライブです。コロナ禍での開催だったので、席を開けて座ったり声が出せなかったりと、おそらく通常のライブとは違う開催方法だったと思うのですが、とても楽しかったです。会場に向かう時から心が落ち着かず、会場では感動で涙が出てきて、終わった後もしばらく余韻が残り続けました。推しって尊い存在ですね......。

 

さて、今回は好きなものを好きだということについてです。

皆さんは好きなものがありますか?芸能人でも、趣味でも、人・ものでも何でも構いません。自分が好きだと思うものを心の中で思い浮かべてみてください。そして、それをどれだけ他人に公開できているかどうか考えてみてください。中には、自分の全てをさらけ出せる人もいるかもしれませんが、好きなものを好きだといえないという人も多いのではないでしょうか。

最近ではあまり聞かなくなりましたが、ネット上では「にわか」という言葉をよく聞きました。ファンの中では「古参」が一番偉くて「新規」には語る価値がないというような風潮があったように思います。(実際はそんなことはないんですけどね) 「にわか」という言葉はネット用語で、その物事についてよく知らないのにそれについて語ったりファンを自称したりするというような意味があります。それをこれからファンになるかもしれない「新規」の人たちに対しても使ってしまったがために、新規ファンが増えなくなってしまったというようなこともあるのです。

この現象こそ、「好きなものを好きといえない」ことにつながっていると思うのです。

私自身、好きなものを好きだということは苦手です。それはこの現象が原因となっていると思います。私が初めてネットに触れた時、Youtubeを通して知ったあるキャラクターがいました。もちろん知った当時はそのキャラクターについても作品についても全く知識がなく、ネタなどについてもあまりわかっていませんでした。ですが、私はそのキャラが好きでしたし、よく知っている人からもっと知りたいと思っていました。ただ、そのYoutubeのコメント欄では上で書いたようなにわかに対する強い当たりが多く、新規ファンが好きだと言える環境はありませんでした。

新規ファンが増えることは本来嬉しいことのはずなのに、勿体無いですよね。

 

「世の中上には上がいる」という言葉があるように、自分が好きなものに対しては自分以上にそれを愛している人がいると思います。どんなに好きなことでも自分はこれを世界一愛していると断言できることはないでしょう。最初に述べた私が最近好きになったアイドルに関しても「古参」からすれば私は「新規」ですし、もっと最近好きになった人からすれば私はその人よりは古くから知っているということになります。また、「古参」の中でも好きの度合いは違うでしょう。

「新規」か「古参」か。そんなことで好きの度合いが測られるのはおかしいと思います。確かに「古参」の方がそれについての知識は深いかもしれません。しかし、「新規」だからと言って好きの度合いが低いわけでもありません。ただ知るのが遅かっただけです。

私は、アイドルが好きです。音楽も好きです。小説を書くことも好きですし、読むことも大好きです。きっと、それぞれの分野で私より好きな人はたくさんいるでしょう。でも、他人と比べる必要はありません。大事なのはあなたがどれだけそれを好きでいるか。他人に否定されようと、何を言われようとそれが好きなのであれば、新規であろうと古参であろうとあなたは立派な大ファンです。

新規の人も古参の人もみんなで好きなものを好きだと言えるような環境を作っていきたいですね。誰であろうと、それを好きな人はみんな「ファン」なのですから。